妊娠線 予防 ケア

妊娠線 予防 ケア

ボディクリームなどでマッサージをすると効果がある

 

友人等の話を聞く限りでは、ボディクリーム(妊娠線予防の)などでマッサージをすると効果があるらしいです。友人もそのようなケアはしていなかった後悔から、そのような事を話していました。

 

お風呂上りにマッサージするのが効果的のようです。そういう意味ではクリームはそれほどこだわらなくてもいいように感じます。特に私が経験した、妊娠後期は気をつけた方がいいと思います。

 

あとはなるべく体を動かす意識をする、日常の家事や運動(ウォーキングなど)を心がけ、必用以上に太らない事だと思います。

 

原因については、妊娠後期に体調も良くなり、お腹もだんだん大きくなっていくので体を動かすのが面倒になっていく中、食欲はあるので油断して食べすぎた事だと思います。

 

動かず食べているのでどんどん脂肪が増えて、お腹の子より自分に栄養を与えてしまっていたと思います。

 

産婦人科医に指導されるように、体重管理に心がける事だと思います。それでも十分、「お腹の子には十分栄養がいっているから」と、よく聞いていた事を思い出しました。

 

 

妊娠線も気になりますが、つわりの辛さもどうにかしたいと感じている方も多いのではないでしょうか。
つわり軽減させるためにできることを、チェックしてみてくださいね!
http://xn--k9jzdo1955bk06axnyan8l.net/

一度できてしまった妊娠線は治らない

 

改善はしていません。

 

一度できてしまった妊娠線は治らないと聞いていたので。それでもいろいろ調べて何とかしようとは思いませんでした。

 

まあ、誰に見られるわけでもないという、変な安心感のようなものがあったせいでしょうか。ただ、妊娠によって増えた体重を落とす事の方に意識が向いていたと思います。

 

産後の授乳や育児・家事、そして間食をなるべくしないように意識したりしているうちに痩せていって、太っていた頃はそれが赤く太くハッキリ鏡で見えるほどでしたが、痩せてからは赤い部分が白くなり、太かった線もお腹のへこみと共に細く見える感じにはなりました。

 

でも今後太るとまた赤く太く、妊娠していた頃のようになってしまうんでしょうか...。

 

現在はその頃のように太ってはいないのでまだ出現していませんが。今後は日々の食事や運動に心がけ、なるべく太らないようにして妊娠線が再出現しないように気をつけていきたいと思います。

 

今更消す事はできないでしょうから。

 

 

このような記事が一緒に読まれています♪

更新履歴